◆共通◆「コンペ受賞者のその後を語る!after IDS3」のご案内

新潟県から情報提供がありましたので周知します

新潟で誕生した商品、サービスに対する専門家の品評をいただく「ニイガタIDSデザインコンペティション」。
30年以上の歴史を持つ本コンペを活用し、成功につなげられた方々のストーリーを紹介する本企画。

第3回は、「社会をより良くする”仕組み”」も出品できるというIDSの特徴を活かし、自社が目指すビジョン「デザインによる持続可能な地域再生」への歩みを加速させている、IDSコンペ2021大賞「Urban Waterside Toyanogata -(株式会社U・STYLE様)」です!

◆受賞商品・サービス
Urban Waterside Toyanogata -潟と人がともに暮らす水辺のまちへ-

◆応募のきっかけ、経緯
■始まりは東日本大震災
2011年、東日本大震災。多くの「命」と「暮らし」が津波に一瞬にして飲み込まれたその光景に、「人の暮らしの記憶が、世代を超えて残るような取組みを、今すぐに始めないといけない」と同社社長松浦氏は感じた。

 折しもその頃、鳥屋野潟周辺でゴミ拾いを続ける男性と出会う。飲み水にも使われていた「きれいだった鳥屋野潟」の姿を知るその男性のお話を編纂し、地域住民や学校に配布したのが、本取組みのスタート地点となる「潟ボーイ’s(2012年~)」である。

◆詳細はホームページをご覧ください。

<お問い合わせ先>
公益財団法人 にいがた産業創造機構
生活関連マーケティングチーム
design-c@nico.or.jp
TEL:025-250-6288 FAX:025-246-0030